日野市で椎間板ヘルニア施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手足に電気が走る痛みがあり、歩くことがままならない。
  • 手足にうまく力が入らない。
  • 坐骨神経痛といわれた。
  • 尿が出にくい、または便秘がち

そもそもどういう症状なの?|万願寺駅前整骨院

ヘルニアとは背骨の隙間にある椎間板が外に飛び出し神経を圧迫することで、痛みや痺れなどの症状を出します。

椎間板は加齢により弱くなってしまい、ヘルニアに繋がると考えられています。また、運動量や働く量の多い、比較的若い方にも椎間板に問題が起こります。

ヘルニアでは腰痛も起こりますが、患者さんの訴えで多いのは腰から足にかけての痛みやしびれ、それによりひどい場合は感覚が無く、歩くことも困難になってしまうというものです。

病院で椎間板ヘルニアと言われた方でも、症状が大きく異なる事が多いです。

それは、レントゲンではもちろんMRIやCTでも映し出せないレベルでの違いがあるからであろうと思います。具体的には、痛みやしびれがどこの組織から由来しているのかが重要となります。椎間板自体の傷なのか、椎間板から漏れてしまった物質のせいなのか、はたまた実際に神経圧迫が起きていて、末梢にかけて神経牽引状態にあるのか、などなど状態を挙げればきりがありません。

一般的な治療方法|万願寺駅前整骨院

  • 手術療法

  • 薬物療法(飲み薬、注射、)

  • 温熱療法

  • 牽引療法

  • 運動療法

以上のものが多く行われている治療法になります。あなたも病院に行って手術を勧められたことや、薬を処方された経験があるのではないでしょうか?

当院の治療方法|万願寺駅前整骨院

万願寺駅前整骨院にも手術を勧められた方が来院しています。手術をして治ればいいのですが、必ずしも治るとは限りません。そんな不安もあり、こちらのページを見てくださっているはずです。

これから万願寺駅前整骨院でヘルニアに対してどのように施術をしているのかをお伝えしていきます。

「当たり前にやっているソレが原因だった」

ヘルニアは、スポーツの競技歴や、仕事の姿勢や動作などの関係で男性が多いのはもちろんなのですが、万願寺駅前整骨院には女性の患者さんも多く来院しています。そういった方々の体をみていくと、スポーツや仕事だけでなく、普段の姿勢が大きく影響していることがわかってきました。

日常生活の座り姿勢や立ち姿勢など、体の使い方が椎間板に負担をかけへルニアを引き起こしていると考えられます。

このような問題は痛み止めの薬を使ったとしても、体に負担をかけている姿勢や使い方を改善しなければ、改善はしてもそれは一時的に他なりません。

日常生活の姿勢や使い方によって歪んだ体を整え、今後歪まないように生活を整えなくてはいけません。

大切なことなのでもう一度お伝えします。

ヘルニアを発症してしまい、腰痛や、足までの痛みやしびれはとても辛いことです。

しかし、痛みだけの処置で、痛み止めやシップをしていても体は変わりません。日常生活の姿勢から直し、すでに歪んでしまった体を整えるからこそ、体は変わっていきます。椎間板に負担をかけているならそこに負担をかけないようにしなくてはいけません。

では、万願寺駅前整骨院ではどう行なっているかをご説明します。

当院では、ヘルニアは「関節の歪み」と「筋肉のかたさ」、「間違った動き」で発生すると考えています。そのため、それぞれを正しい位置や状態(例えば反り腰でない)にしていき、その状態で本来の動きが出来るように「運動指導」を行っています。

そうすることで、同じところ(腰や椎間板)に負荷がかかり続けない身体になっていきます。

歪みの調整と聞くと「ボキボキして痛い」と思われがちですが、昔自分がされていたくなったのでそういった事は控えさせていただいています。

また、施術で体を整えた後は「正しい姿勢」を伝えそれが維持できるような「セルフ運動」もお伝えして、ご自身でも症状を軽く出来るようにお伝えしています。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間