日野市で足底筋膜炎施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足底筋膜炎で歩くと足の裏が痛い。
  • 踵(かかと)が痛くてうまく歩けない。
  • 通勤で歩くため、痛みが長引いている。
  • 靴にインソールを入れたけど痛みが続く。
  • 子どもが部活中に痛いと言っている

そもそもどういう症状なの?|万願寺駅前整骨院

足底筋膜とは、足の指の付け根から踵(かかと)に向かって張っているもので、それに炎症が起こり足底筋膜炎となります。足底筋膜は土踏まずの足のアーチを保っているもので、歩行時の衝撃を吸収したり、バランスを保ったりするために必要です。症状のイメージは輪ゴムが「ピーン」と張りすぎ、劣化してケバケバに痛んでしまっているようなものです。

足底筋膜炎になる方の特徴|万願寺駅前整骨院

足底筋膜炎になる方の特徴としては40〜50歳以上の方に発症することが多いです。長く歩行を繰り返すことで、足底筋膜に負担がかかり炎症を起こします。扁平足、老化によるアーチの低下なども原因となります。そのほかにはスポーツをやっている若い方にも起こり、使いすぎてしまっていることが原因としてあげられます。

痛みが生じる部分

これからは今の症状が改善し生活できるようになって頂きたいです。

  1. 土踏まず

  2. 指の付け根

一般的な治療方法

現在、足底筋膜炎の治療として行われているのは

  • 薬物療法(痛み止め、注射)

  • 温熱療法

  • 運動療法(ストレッチ)

  • インソール(中敷き)

以上のことが行われています。

しかし、万願寺駅前整骨院に来院される足底筋膜炎の患者さんは、上記のことでもなかなか改善せずに苦しんでいることが多いです。次に万願寺駅前整骨院ではどのように足底筋膜炎を改善させていくかをご説明します。

当院の治療方法|万願寺駅前整骨院

当院が考える足底筋膜炎の本当の原因

「無意識にやっているソレが原因だった」

万願寺駅前整骨院では足底筋膜に「なぜ、炎症が起こるのか?」を考えます。

今、来院されている患者さんの体を検査すると、足の裏だけに問題があるわけではなく、骨盤、股関節、膝関節のゆがみが足の裏に炎症を起こす原因だとわかります。また、足底筋膜は踵(かかと)の骨から指の付け根の骨に付いています。そのため足の骨の歪みが強い方にも足底筋膜炎は起こる特徴があります。

なぜ当院では対応することができるのか?

具体的に万願寺駅前整骨院では足底筋膜炎が改善するために2つのことをしています。

1つ目は「骨格の調整」2つ目は「体の使い方の改善」です。

当院では足底筋膜炎に対して、ストレッチだけや、足の裏のマッサージで施術を終えることはありません。根本的に歪んでしまっている関節の調整を行い、筋肉の炎症を取り除いていきます。

当院で行う骨格調整はボキボキしない施術になります。

私は昔ボキッとされて痛みがました経験があることから、そんなリスクを最小限にするために患者さんに合い、なおかつ症状が改善していくための刺激で調整をしています。

そして、施術をしても日常生活で体の使い方が悪ければ、足底筋膜炎になる原因をまた作ってしまい、痛みを改善できなくなってしまいます。

また、施術で体を整えた後は「正しい姿勢」を伝えそれが維持できるような「セルフエクササイズ」もお伝えして、ご自身でも症状を軽く出来るようにお伝えしています。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間