日野市で交通事故に遭ってしまったら施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

交通事故に遭ってしまったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故に遭ってしまったが、どうすれば良いか分からない
  • 事故後のことで気軽に相談したい
  • 治療などの流れを知りたい

被害者になってしまった時にやる6つのこと|万願寺駅前整骨院

①事故現場の保全をする

②加害者の情報を確認する

③警察への届け出をする

④必ず専門家の診察を受ける

⑤自分の損害保険会社へ事故の報告をする

⑥気になったら当院へ

①事故現場の保全

けが人の救護と道路上の危険除去を行いましょう。二次被害を防ぐため、負傷者が軽傷なら安全なところに避難してもらい、重症な場合は動かさず救急車の到着を待ちます。

また、今後のために、余裕があれば、事故直後の現場の状況を写真に撮っておくことが大切です。

そして、事故から間もないうちに、事故当日の行動から事故直後までの記憶を文書にまとめておいてください。

人間の記憶は時間が経つと薄れてしまいますから早めの行動が大切です。

②加害者の確定

加害者の免許証を見せてもらって、住所氏名を確認しましょう。

加害車両のナンバープレートをメモしてください。

③警察への届出

小さな事故でも必ず警察に連絡を入れてください。

その時は症状が出ていなくても、数日たってから痛みが出ることもあります。

また、保険金の請求手続には、「交通事故証明書」が必要となります。

きちんと事故を警察に届け出て、「交通事故証明書」を申請してください。

④必ず専門家の診察を受ける

事故に遭った際は興奮しているために、たいしたことはないと思っても、意外に重症であることもあります。

事故に遭ったら病院や接骨院の診察を受けてください。

また、診断書を発行してもらい、所轄の警察に提出することも必要となります。

診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり、自賠責保険での治療費の請求が可能となります。

⑤自分の保険会社への事故報告

自分の加入している自動車保険会社や代理店に事故に遭ってしまった旨連絡してください。

搭乗者保険を掛けている場合、請求することが出来ます。

(請求したとしても掛け金は上がりません)

⑥被害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当者に万願寺駅前整骨院に通院することをお伝えください。

事故現場から救急車で運ばれた病院以外に通院できないと思い込んでいる方がいますが、あくまでも通院場所は患者さんが決められます。

特に、初期の治療がとても大切ですので、電気で温めて牽引するような病院ならなるべく早めに転院することをお勧めします。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間