日野市でシンディングラーセンヨハンソン病(膝蓋骨下端の障害)施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

シンディングラーセンヨハンソン病(膝蓋骨下端の障害)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 運動中膝のお皿の下が痛い
  • 運動後に膝下が痛む
  • 階段の登り降りの時に膝が痛い
  • 治ってもすぐにまた痛くなってしまう
  • 体が硬い
  • オスグッドかな?

そもそもどういう症状なの?|万願寺駅前整骨院

シンディングラーセンヨハンソン病とは10代前半の男子の膝に多くみられる成長期の障害のひとつです。成長期の膝の痛みと聞くとオスグッドシュラッター病、いわゆるオスグッドが多く知られていますがシンディングラーセンヨハンソン病も発生することが多く、また再発することが多いことからたくさんの学生を悩ませています。

主な症状としては膝のお皿の下に痛みがでます。特に走行時やジャンプ時、階段の登り降り時などといった運動時にお皿の下に痛みがみられることがあります。状態によっては安静時にも痛みを訴えることがあります。またお皿の周囲に腫れが出現したり膝全体が腫れたりもします。

一般的な治療法|万願寺駅前整骨院

  • ・安静

  • ・薬物療法(痛み止め)

  • ・温熱療法

当院の治療法|万願寺駅前整骨院

まずアイシングや超音波療法を行い、炎症や腫脹の軽減を行います。また、手技やストレッチなどの運動療法を行い大腿四頭筋などの柔軟性の向上を図ります。シンディングラーセンヨハンソン病の原因として多くみられるのが大腿部の前の筋肉である大腿四頭筋の硬さです。大腿四頭筋は骨盤から始まり膝のお皿に付着しています。

そのため大腿四頭筋が硬いと膝の曲げ伸ばしの際に患部に繰り返し引っ張られるストレスが加わり膝下が痛くなってしまいます。なので当院ではただストレッチのやり方を指導するのではなく、ご自宅でも正しく簡単にできるストレッチ方法を指導しています。また、体幹や連動性も重要になるのでその部分での強化も行っていき再発防止に努めていきます。

学生は大会が近い、レギュラー争いをしているなどといった様々な理由で、部活を休めない場合が多いと思います。なので痛みがある中でも運動を行えるようにテーピング指導を行い疼痛の軽減、症状の悪化防止に努めます。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間