日野市で三角線維軟骨複合体損傷(TFCC)施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 転んでから手首が痛い
  • 仕事で手を使いすぎて手首が痛い
  • 手首が痛くてなにもできない
  • TFCC損傷と言われた

そもそもどういう症状なの?|万願寺駅前整骨院

症状

手首の小指側には衝撃を吸収するためのクッションの役割と手首の動きを制限するためのスタビライザーの役割をもつ三角線維軟骨複合体(TFCC)があります。

この三角線維軟骨複合体は転倒などで強く手を衝いた際や、手首を使いすぎた際に痛めることが多く、主な症状として手首の小指側の痛みと手首を動かした時の運動時痛や異音感を訴えることが多いです。また、手首を小指側に曲げた時に痛みが強くなることが多くあります。

一般的な治療法

病院で「手首が痛い」と伝えると三角線維軟骨複合体損傷と言われ湿布を貼って経過観察や痛み止めを処方され経過観察、そして症状の改善がみられなければ手術などの観血療法の適応になると思います。

当院の治療法|万願寺駅前整骨院

まず超音波療法で痛めた組織の回復力促進を図っていきます。次にテーピングやバンテージなどの固定具を用いて痛みの出る運動の制限を行い痛みの軽減を図ります。痛みが軽減されてきたら徐々にストレッチや手技などの運動療法を行い、可動域の改善など早期回復を目指します。

また、レントゲン検査などでTFCC損傷と言われても、実は異なる場合も数多く存在します。

手首が痛いからといって手関節の動きや手首だけが痛めた原因とは限らないのです。ですので、前腕の筋肉の柔軟性低下や肩甲骨の可動域の低下、姿勢不良といったことなど、様々な観点から改善を図っていきます。
患部以外の原因になりうるところもしっかり改善していき、早期回復、再発防止に努めていくのが当院の特徴になります。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間