日野市で五十肩・四十肩・肩関節周囲炎施術なら万願寺駅前整骨院

受付時間

五十肩・四十肩・肩関節周囲炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • とにかく痛い・・・
  • 夜寝ていると痛くて起きてしまう・・・
  • 洋服の脱ぎ着がツライ・・・
  • 肩から腕にかけてしびれる・・・

そもそもどういう症状なの?|万願寺駅前整骨院

五十肩とは、肩関節の運動痛や夜間の痛みなどを伴う俗称で、正式には肩関節周囲炎と呼ばれます。名前の通り、50歳代を中心とする40〜60歳代の方に多くみられます 。

肩の関節は骨や軟骨、靭帯、腱、関節包や血管、神経などによって構成されており、五十肩とはこれら組織が退行変性(老化)により炎症を起こし、さまざまな変性の結果、肩関節の痛みや動きの制限が生じてしまう状態です。

五十肩を発症すると、日常生活に支障が生じるほどの強い症状が現れることがありますが、進行すると肩関節の動きが悪くなり、肩関節拘縮や凍結肩(Frozen Shoulder)といわれる状態になることがあります。その他にも石灰性沈着炎や腱板断裂などの病態があり、鑑別していく必要があります。

一般的な治療方法

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあります。

痛みが強い急性期には、三角巾・アームスリングなどで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服、注射などが有効です。急性期を過ぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(癒着の予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。

これらの方法で改善しない場合は、手術(関節鏡など)を勧めることもあります。
(日本整形外科学会)

【なぜ当院では対応することができるのか】

五十肩は適切な頻度と細かい治療が必要な症状です。

原因である筋肉や関節を特定し炎症を増加させないように治療していきます。

なので時には痛みを我慢してもらいながら、痛みのある部分に対して治療を行ったり、痛い部分ではない関連する関節や筋肉を動かすことにより痛みのある部分の負担を軽減させたりします。

また固まる前に自分で行うセルフケアも重要であり、状態によって形も変えていく必要があります。

やってはいけないことなどの細かな指導や適切なセルフケアの形を行えるのは患者さん一人一人に時間をとれる当院だからできることです。

状況によっては注射などの選択や精密検査の必要性がある場合もございますので、整形外科と連携しながらリハビリを進めていく事もあります。

日野市の万願寺駅前整骨院へのお問い合わせ

万願寺駅前整骨院

住所
〒191-0024
東京都日野市万願寺4-2-2
ソシア下河原1F
アクセス
万願寺駅から徒歩10秒

マップ

受付時間